FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローは普段バットをジュラルミンケースに収納して持ち歩いているらしい。
耐衝撃性に優れているのと、木でできたバットの湿度管理ができるからだそうだ。

そんな一流プレイヤーのこだわりは置いておき、自分も道具にこだわる方だ。
以下こだわる理由

1.効率化
道具の種類に依存するが、効率化を求めるために道具にこだわる。
なるべく楽に。なるべく時間を短縮。なるべく。。。
効率化と書いたが、究極的には自分がかなりの面倒くさがり屋だから効率を求めるのかもしれない。

2.モチベーション
気持ち。というのは活動において凄く大切な要素だと思っている。
プラシーボ効果は有名だが、思い込みが身体の不調を和らげるほど思い込みによる効果は高い。
少し話が脱線してしまったが、共通の道具ではなく自分が選んだ自分だけの道具を使うことで、活動時にモチベーションが高まると思う。個人的には少し高めの道具を買っておくことでよりモチベーションがあがると思っている。高い道具は相応の機能と相応のモチベーションを提供する。

3.オリジナリティ
「オリジナリティ目指せ!どうせこの道を行くんだから」masterpieceの歌詞である。まあいいや。
挙げてみたもののあまり拘る理由としては薄い気がする。人とは違う、1ランク上の道具を使うことになるので、話題性がある。
くらいかな。

●まとめ
道具に拘ろうが拘らなかろうが、結局は使う人次第。というのは真っ当な反論だと思う。自分もそう思う。
ただ同じ人がこだわりの道具を使うか使わないかで違いが出る、というのもあるのではないか。
スポンサーサイト


何事に対しても、インプット・アウトプットを両方することはとても大切だと思っている。

例えばスポーツにおいて、インプットだけだと理論はわかっているけど実践するのができない。
アウトプットだけだと、正しい方向に持っていくためには手探りで微調整を重ねることになるので、一つ上達するのにとても時間がかかる。

例えば知識においてインプットだけだと、頭ではわかっているが実践がないので話をしても相手からは口だけだと思われてしまう。
アウトプットだけだと、知っていることを相手に説明しようと思っても知識のバックグラウンドが無いためうまく説明ができない。

とまあ、何事においてもインプット・アウトプット両方こなすことが大事だと思っている。

本当はここから、インプット・アウトプットに絡めて「人に指示を飛ばすことが多くなって、短時間で要点を抑えたメッセージを送る必要がでてきた。文書を書くことが苦手なので克服したい。」
と話題を持ってきたかったのだがうまく思い浮かばなかった。

こういうのがぱっと書けないあたり苦手なんだと思う。

ルールはなるべく推敲をしないで要点を抑えて書くこと。仕事柄キーボードが目の前にある。
作業のリフレッシュにネットサーフィンをするのは気が引けるが、書き物をしたり本を読んだりするのは問題ない。
気分転換に書き溜めて家で投稿。あとは継続意思次第。



P1030079 - コピー
今回紹介するのは一部再度塗装したエピオンガンダム。久々の更新なのでちゃちゃっと紹介します
[ 続きを読む ]



P1030028.jpg
今回はアケコンの修理というかメンテナンス。どうやら中でネジが外れているらしくカラカラ音がしていました


P1030030.jpg
裏面


P1030033.jpg
P1030035.jpg
ネジをまず外します


P1030037.jpg
剥がします。この下にもネジがあるので外さないと裏蓋が開けられません


P1030043.jpg
シールの裏


P1030045.jpg
開けたらこんな感じ。今回は特にボタンやレバーが気になる訳ではないのでスルー


P1030046.jpg
どうやらボルトが取れていたようでした


P1030048.jpg
レバーの裏側どうやら8方向への入力が出来るようでした


今回はここまで日常記事もたまにはいいですな



P1030531.jpg
相方わずピンぼけ多いんだよなぁ…


P1030539.jpg
P1030545.jpg
P1030553.jpg
P1030557.jpg
蛮族っぽい写真が多いんだよなぁ…


P1030559.jpg
光量もうちょっと抑えても良かったなぁ…。これでも結構抑えたつもりだけど


P1030562.jpg
ユニコーンと同じくブラックライトでサイコフレームが蛍光します


P1030575.jpg
P1030568.jpg
P1030566.jpg
もっとブラックライトが強ければ引いた写真も撮れると思うんですけどね…


P1030588.jpg
P1030584.jpg
P1030582.jpg
P1030580.jpg
正面はこんな感じ


P1030576.jpg
後ろはこんな感じ。結構サイコフレーム露出する箇所多いです


P1030598.jpg
一応ビームサーベルも付けられます。微妙ですけど


P1030596.jpg
P1030594.jpg
ブラックライト有りなしだとこんな感じ


P1030602.jpg


はい、以上がバンシィNT-Dモードの記事となります。酔ってるのもあってほぼ解説なしですが、これくらいの方がいいかね。そんな訳で終わり

次は日常記事を紹介しますかな



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。